全1ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.07.23     カテゴリ:  撮影記 

   2016年3月卒業旅行②

3/6

スイスにやってきて3日目、いよいよチューリッヒから飛び出します。
この日はスイスの首都ベルンを経由し、レマン湖畔にあるシヨン城へと向かいます。
片道3時間ほどの長旅になります。

1603swiss2 (1)
Be 5/6 Cobra
しかし、この日も天気はビミョーな感じ・・・
1603swiss2 (2)
RABe511
ベルン着。
観光をしたいところですが、この日はスルーします。
1603swiss2 (3)
モントルーまで鉄道で移動し、そこからはトロリーバスに乗車。
トロリーバス、たぶん自身初乗車だったんですが走行中はVVVF音が響き渡り音だけはまるで電車のよう。なかなか良い音を奏でておられ、テンション上がりました笑

てことでシヨン城到着。

とすんなり行かないのが私たち笑
そうです。まずは撮り鉄です。

1603swiss2 (5)
EW IV+Re460
シヨン城をバックに。
ちなみにこちら推進運転中。
客車に運転台があるとはいえ、推進運転で高速走行しちゃうSBBさんパないっす。。
1603swiss2 (8)
RABe523
Sバーンもカッコいいのう。

シヨン城へと歩きます。

1603swiss2 (11)
斬新な支え方ですね・・・
1603swiss2 (12)
そしてシヨン城。
いや~すごいところに建ってますねぇ・・・

シヨン城はスイスの人気観光スポットなのですが、
パンフレットは日本語表記のものも用意されているという親切さ。
見どころもナンバリングされていて歴史が苦手な私も予想以上に楽しめました。

1603swiss2 (14)
閉鎖的な空間が印象的な牢獄。
1603swiss2 (16)
お城からの眺め。少し天気が回復してきました。
なんだかんだ1時間半くらいはいましたかね。

シヨン城の後は、帰りがてらローザンヌ駅で撮影することに。
1603swiss2 (22)
ローザンヌ駅。
1603swiss2 (23)
RABDe 500形
1603swiss2 (24)
ETR610
1603swiss2 (27)
Re460+IC2000
1603swiss2 (28)
RABe523  RABDe500
1603swiss2 (30)
TGV POS Lyria
TGV来たー!
1603swiss2 (33)
Lyria「リリア」は、フランスとスイスを結ぶTGVに与えられているブランド名。
車体がかなり汚れてますね・・・
1603swiss2 (37)
世界の高速鉄道でもやはりTGVは特別な存在ですよね。
生で見れて満足です。
1603swiss2 (39)
せっかくきたので、最後に駅前も少しだけ観光。
そしてここでもトロリーバス。
スイスは公共交通機関の電化がかなり進んでいる印象。

これにて終了。
天気は相変わらず優れませんでしたが、雨が降らなかっただけ良かったですかね。
本当は他の場所でも撮り鉄する予定だったんですが、シヨン城がいい意味で誤算で時間を確保できませんでした。
どうせならゆっくり観光もしたいですからね。

4日目は本旅行一番のボリュームとなります。

それでは。

スポンサーサイト

2017.07.15     カテゴリ:  撮影記 

   2016年3月卒業旅行①

こんばんは。

久々の撮影記ですね。
今回はお伝えした通り、幕張218氏との卒業旅行回になります。
なかなかのボリュームなので複数回で上げたいと思います。

気になる場所はというと・・・
xperiaswiss1603 (1) 
自身初の欧州、スイスでございます!
3/4~10で行ってきました。

まぁ卒業旅行ですからね。少し?奮発しちゃいました。

日本からは12時間のフライトの旅となります。

我々が降り立つのはチューリッヒ空港。現地時間16:00頃到着。

最初に目に飛び込んできたのは

xperiaswiss1603 (5)
日本でもお馴染みの保険会社でした笑

xperiaswiss1603 (7)
途中、空港のスーパーで夕食を調達。
お寿司大好き人間の私はスイスに来てまで寿司を購入。
味はとてもおいしく・・・なかったです笑

お米がね・・・

xperiaswiss1603 (9)
空港を出て早速ホテルへ。

xperiaswiss1603 (10)
Be 5/6
ホテルまではチューリッヒ市交通局(VBZ)の路面電車に乗車。
5~10分置きくらいにやってきます。

xperiaswiss1603 (11)
車内の様子。

車両はこっちでは標準的な片運転台。
ドアは駅に到着しても緑のボタンを押さないと開かないシステムで、
最初はちゃんと降りられるかドキドキでした。

ホテル着は17:30頃。
翌日以降の計画を練って早めに就寝しました。

3/5
てことで、本編スタートでございます。

1603swiss1 (1) 
Be 5/6
最寄り駅にて。
初日はあいにくの雨模様。幸先悪いですね・・・

こんな天気なので、この日はあまり遠くにはいかずにチューリッヒ市内をめぐることにしました。

1603swiss1 (2) 
Be 5/6 Cobra
線路の芝生がいい感じ。
ちなみにこの車両は通称「コブラ」と呼ばれる車両。
デビューは2001年ですが、一応最新形式になります。
空港へ向かうこの路線は全部この顔でしたね。

チューリッヒ中央駅を目指します。

1603swiss1 (68) 
到着~
やっぱヨーロッパの駅はカッコいいですね~。
1603swiss1 (14) 
中も広々しています。これぞヨーロッパ。
とりま来たやつをとにかく撮影します笑
1603swiss1 (6) 
RABe 514形
こちらS-バーンと呼ばれる各駅停車の運用に就く車両。かっこいいっすね。
こっちは2階建ての車両がとても多いです。

1603swiss1 (7) 
Re 460形+IC2000
こちらはSBB(スイス連邦鉄道)の主力機関車Re460。
日本にもありそうな「coop」 の広告塗装をまとってます。
ちなみにこの見た目で200km/hで走っちゃたりします。

1603swiss1 (11) 
側面には「Gottardo 2016」の文字も。
これは2016年にゴッタルド峠に新しいトンネルができることを告知したもの。
昨年6月1日に開通、全長57kmで青函トンネルを抜き世界最長の鉄道トンネルとなりました。
撮影時はまだ開通前でしたね。

この話題については3日目にも触れたいと思います。

1603swiss1 (9) 
RABDe 500形
こちらはインターシティーと呼ばれる特急運用に就く車両。
2000年登場。振り子式で最高時速200km/h。

1603swiss1 (12) 
この角度イイネ。
そして自転車のマークもイイネ。自転車乗りとしては見逃せません。
さすが欧州。

1603swiss1 (15) 
Re 460形+IC2000
こちらは標準塗装になるんですかね。
この機関車の場合、標準のほうが珍しい気がする・・・笑
でっかい⇔みたいなマークがSBBのロゴマーク。
1603swiss1 (16) 
こちらはオーストリア国鉄のレイルジェット。
シーメンスのドレミファインバーターってことで元々存じ上げておりました。
塗装が格好良い。
1603swiss1 (18) 
Re450形
こちらはSバーンの運用に就くRe450形。
機関車は後ろですが、こっちは客車と機関車が同じお顔なんですよね。おもしろい。
1603swiss1 (20) 
Re420
こちらがRe420機関車。
1963年から20年ほど製造され、現在でも主力機として旅客、貨物問わず活躍中です。
後輩にあたるRe460形は広告車が多いですが、Re420は見かけませんでしたね。
1603swiss1 (21) 
RABe511
こちらもSバーン用の車両。
このお顔もいいっすねぇ~。イケメン大杉内。

さて、そろそろドイツのICEがやってくる時間です。
入線を狙います。
1603swiss1 (23) 
Re460
と思ったところにこいつが。
後ろにはすでにICEの姿が・・・(アカン)

1603swiss1 (24) 
被られたあああああ・・・って、えええええ~ww

初対面がこんな特別塗装とは・・・(困惑)

1603swiss1 (26) 
ICE1
よかった、こっちは綺麗だった・・・(笑)
ちなみにこの車両はICE1と呼ばれる第一世代車両。
1996年の開業当初から活躍中。
あまり速そうに見えないお顔がまたいいですね(笑)
日本の新幹線の感覚だとだいぶご高齢ですが、置き換えの計画はあるんですかね。
1603swiss1 (28)
そういや動力集中方式の高速鉄道もこれが初対面だったり。
1603swiss1 (30) 
大きいですが控えめなロゴ。
反対側はSOSになってましたが(オイ

1603swiss1 (31) 
そして発車。
1603swiss1 (32) 
Oh・・・
早く綺麗にしてもらうんだぞ。
1603swiss1 (34) 
Re421
こちらはRe420形のドイツ乗り入れ対応版であるRe421形機関車。
パンタや前面手すりなどに違いが見られ、全車「SBB-Cargo」塗装となっています。
cargoでも旅客やるのね(笑)

1603swiss1 (37) 
あとそうそう、スイスといえば時計も有名ですよね。
今更ながらこの腕時計買えばよかったと後悔。
1603swiss1 (38) 
そしてこの広告塗装。
側窓ないし、Re460のラッピングはインパクト強い。
1603swiss1 (39) 
Re460
前は首なし笑

さて、そろそろ駅を出ましてチューリッヒ市交通局(VBZ)の撮影に移ります。

1603swiss1 (42) 
Be 4/6 Tram2000
こちらはBe 4/6形。1976年登場でVBZでは最古参。
派生型も含めTram2000の愛称で呼ばれており、このBe 4/6はその基本形となります。
1603swiss1 (43) 
Be 5/6
こちらは先ほども乗車したBe 5/6形
1603swiss1 (44) 
トロリーバスも路面電車気分でやってきます笑
1603swiss1 (52) 
トロリーバスも連接車でなかなかの輸送力です。
1603swiss1 (51) 
Be 5/6
駅前は次から次へとやってくるので短時間でも十分楽しめますね。
1603swiss1 (58) 
ふと足元に目を移すと自転車マークが。
さすが自転車先進国。日本も最近は増えてきたかな?
1603swiss1 (73) 
Be 5/6 Be 4/8
3並び。
ここらで駅前の撮影は終了。
少しトラムで旧市街に移動して観光します。

1603swiss1 (77) 
Be 4/6
1603swiss1 (79) 
Be 5/6 Be 2/4 Be 4/6 Be 4/8
下車駅にて。
トラムにしては立派な駅。
1603swiss1 (84) 
Be 5/6 
1603swiss1 (83) 
前方に見えるのはグロスミュンスター大聖堂。
せっかくなので入ってみることに。
1603swiss1 (89) 

1603swiss1 (93) 
大聖堂のカールス塔からの眺め。
いい景色なんですが、めちゃくちゃ寒い!
なんかみぞれっぽくなってきたし!
xperiaswiss1603 (20)
最後にパノラマで。
ちなみに、上るのは有料。大した値段ではなかったですが。
塔の中はかなり狭いところもあって結構スリルありました。

そろそろお腹が空いてきた頃。
ガイドブックに載っている店へ。
xperiaswiss1603 (16) 
名前は忘れましたが、おいしかったです。
ここは日本語のメニューもあって驚きました
1603swiss1 (94) 
中央駅に帰ってきました。
1603swiss1 (95) 
最後に中央駅で少し撮ることに。
1603swiss1 (108) 
ETR610
こちら2007年に登場した車体傾斜式車両。
デビュー時はチザルピーノ社による運行が行われていたましたが、その後イタリア国鉄所有となった車両。その際、塗装もイタリア国鉄仕様となりました。
ちなみに同じようにSBB所属となった車両も存在し、
1603swiss1 (61) 
ETR610
塗装もご覧のようにSBB仕様となっています。お昼に撮影できました。

最後にチェコのプラハ行きの寝台を撮影!

と思ったんですが・・・
1603swiss1 (110) 
Re420
列車が長いゆえに、先頭はこの暗さ・・・
後日リベンジします。

寝台列車、いつか乗ってみたいな~なんて思っていましたが、
この約半年後スロバキアの地で実現することに。
こちらも今度記事にできたらと思ってます。

1603swiss1 (107) 
4並び。
1603swiss1 (115) 
これにて1日目終了。
あいにくの天気でしたが、まったり撮影することができました。
初日で見るものすべてが新鮮で面白かったです。

こちら帰りに買ったビール。
xperiaswiss1603 (19)
右はスイスビール。左はよくわからんけどパケ買いしたやつ笑
外見とは裏腹に何の特徴のないビールでなんかガッカリでした笑

2日目からは行動範囲が広がっていきます。
それでは。また次回。



プロフィール

100Mjog

Author:100Mjog
陸上部で長距離やってました。
大学から自転車をやっております。
活動は主に撮り鉄。
マイペースな更新になりますがよろしくお願いしますm(__)m

住所 埼玉県
職業 大学院生
使用機材 Nikon D90

最新トラックバック


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。